お見舞い 封筒 お金の入れ方

お見舞いのときに渡す封筒へのお金の入れ方

スポンサーリンク

 親しい人が入院することになり、お見舞いに行くことになったとします。
実際にお見舞いに行くとき、お金はいくらぐらいつつむのが相場なのか、どのような封筒を使うのか、お金の入れ方など意外とわからないことが多いのではないでしょうか。
ここでは、お見舞いのルールについてご紹介したいと思います。
お見舞い金は、入院した人への励ましになるものですが、退院した際に半分の金額をお返しするのが一般的なため、あまり高額でも気を使わせてしまいます。
お渡しする金額は、自分から見て親や兄弟、親戚は5000円から10000円、知人や友人は3000円から5000円が相場になっています。
しかし、相場の範囲内でも4と6と9がつく数字は縁起が悪いとされているので避ける必要があります。
さらに、目上の人へお見舞い金をお渡しするのは失礼とされているので避けましょう。
また、お札は新札でなくても大丈夫です。
新札を渡す場合、あらかじめ準備をしていたという印象を与えるので、一度折り目をつけてから入れるのがマナーです。

スポンサーリンク

では、次にお金の渡し方をご紹介します。
お金は裸ではなく、封筒に入れて渡します。
封筒は、病気やけがが二度と起こらないことを願って紅白の結びきりを使用します。
紅白の結びきりの封筒に抵抗があるという人は、白無地の封筒でも構いません。
表書きは御見舞と自分の名前を書きます。
お金の入れ方は、肖像画が表にくるように入れます。
そして、出す際に肖像画から出るように上に向けるのが、一般的なお金の入れ方です。
お見舞金を渡すタイミングは、入院されている人の容体や面談時間に合わせましょう。
そのため、会ってすぐにお渡ししても失礼にはなりません。
このようにお見舞いの際、使う封筒やお金の入れ方などさまざまなマナーがあります。
そのため、仮にお金の入れ方が間違っていた場合、マナーがわかっていないと思われるかもしれません。
しかし、お見舞いは相手を気遣うことが一番大切です。
渡す側も入院されている人も気持ち良く過ごせるように、封筒やお金の入れ方、そして励ましの言葉などを気にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加