お見舞い 金額 相場 上司

上司へのお見舞い金額の相場について

スポンサーリンク

一般的な入院お見舞いの金額の相場は、3千円、5千円、1万円となります。
会社の上司の場合でも相場は同じで、3千円、5千円、1万円が入院見舞いの金額の相場となります。
同僚や部下と差をつけるという意味合いで、上司には1万円包まれる方もいらっしゃいます。
ただし、上司など目上の方に現金を贈ることは失礼にあたりマナー違反とされていますので、相場の現金相当額の品物を贈るようにします。
商品券に関しても、現金と同等とみなされれますのでNGとなります。
 入院のお見舞いを現金で贈る場合には、4は「死」、6は「無」、9は「苦」に通じることから縁起が悪く、避けるのがマナーとなっています。
つまり、4千円、6千円、9千円という金額がNGというわけです。
1人当たり3千円など、特に連名でお見舞いを贈る場合には、注意しましょう。
ちなみに、一人3千円の金額で2名で贈る場合には、5千円札1枚と千円札1枚で札数を2枚にするというのであればかまいません。

スポンサーリンク

 最近では女性が役職に就くことも多く、上司が女性という場合も少なくありません。
女性の上司のお見舞いに行く際のマナーについては、男性一人で行くことはできるだけ避けるようにしましょう。
相部屋の場合女性だけの病室となりますので、同室の方への配慮も必要ですし、入院中はお化粧をしておらずすっぴんですので、女性の上司は部下の男性社員に会いたくないと思ってる場合もあるからです。
 上司への入院お見舞いに行く時には、前述しましたように、お見舞い金額の相場相当額の品物を持って行くようにするのですが、一般的には食べ物や花を持って行く場合が多いです。
食べ物を選ぶ際には、日持ちするものを選ぶことが基本であり、花を選ぶ際には、ユリなどの匂いのきつい花や、鉢植えの花はNGとなります。
鉢植えは根が張っているために、「根付く=寝付く」に通じるために縁起が良くないからです。
また、金額の相場と同じ理由から、シクラメンもNGとなります。
「死」と「苦」に通じ縁起が良くないとされています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加