お見舞い 金額 相場 上司の親

上司の親のお見舞い金額の相場について

スポンサーリンク

知り合いが入院をしているときには、お見舞い金を用意するというのが一つのマナーとなっています。
しかしお見舞い金に関しては、その相場がわからないという人も少なくありません。
何度もこのような機会があるということではないので、お見舞い金の相場が気になるところです。
お見舞い金の相場に関しては、誰を相手にしているかによって異なってきます。
友人や祖父や祖母や上司の親というように相手によって異なっています。
ここで気になるのが上司の親と言うことです。
上司の親へのお見舞いの金額はどのくらいなのかということになりますが、会社の上司の親と言うことになれば、個人的に金額を用意すると言うことになれば、5000円というのが相場となっています。
しかしこの場合の加減は3000円ということになります。
上司の親にお見舞いのお金を用意するときの相場に関しては、有志で集めるという場合には一人3000円という金額となっています。
このような金額の相場となっています。

スポンサーリンク

このように上司の親にお見舞金を用意すると言うことがありますが、金額の際には注意をしなければいけないことがあります。
それは4や9というような数字を避けると言うことです。
死ぬと言うことや苦しいというようなことを連想させてしまうからです。
また金額を用意するときに、新札と言うことがありますが、新札はあらかじめ用意していたと思われてしまうことがあるので、一度折り目をつけておくようにします。
一度折り目を付けておくことでしっかりと配慮ができます。
しかしあまりにも汚れていたり、しわしわの場合には交換するようにします。
目上の人に現金を送ると言うことは失礼であると考えられています。
したがって昔は親戚に現金を送ると言うことが多かったのですが、最近ではお見舞金を送ると言うことが多くなっています。
失礼にあたらないためには、商品券やギフトカードなどを用意するという方法もあります。
このような方法も一般的となっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加