お見舞い 金額 相場 部下

部下のお見舞い金額の相場について

スポンサーリンク

会社で一緒に働いている部下が、病気やケガなどで入院をすることがあります。
このようなときにはお見舞いに行った方がいいのか少し考えてしまいます。
部下が入院をしたときのお見舞いに関しては、基本的に行くというのがマナーとなっています。
ここできになるのがお見舞い金の金額の相場と言うことになります。
会社の中で部下に対してお見舞い金の金額が決まっているというようなこともあるので、その点をしっかりと確認するようにします。
このような場合はその金額に従うようにします。
しかし会社でとくに決まりがないという場合もあります。
このようなときには相場を参考にするということになります。
決まりがないという場合には、会社の直属の部下のお見舞い金の金額の相場は、1万円と言うようになっています。
しかしこの中でアルバイトや派遣として働いている人も少なくありません。
このような場合のお見舞い金の金額の相場に関しては、3000円から5000円と言うようになっています。

スポンサーリンク

アルバイトや派遣として働いているという人が少なくありませんが、働き始めて1年以上が経過しているというような場合にはお見舞いを渡すというのが一般的となっています。
しかしこれに関しても確かな決まりがないということで、関係を考慮して臨機応変に考えるようにします。
また部下に対してお金を渡すというような場合には、他の人と一緒にするということもあります。
入院している人の同僚と一緒に渡すというような場合には、少し多めの金額を用意すると言うことが行われています。
部下にお見舞金を渡すときには、相場をしっかりと考えるようにします。
しかし相場は一つの目安となっているので、気持ちをしっかりと伝えると言うことが大切です。
そのときの上司の態度は非常に印象に残るものとなっているので、早く元気になるように励ましの言葉を伝えるようにします。
花を持っていくことで気持ちが和らぐと言うこともあります。
少しの思いやりで相手に与える印象が異なっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加