お見舞い 金額 相場 部下の家族

部下の家族のお見舞いに包む金額の相場、あなたはご存知ですか

スポンサーリンク

 どんなに元気な方でも体調を崩し入院治療される事があります。
学生や未成年と違って社会人になるとお見舞いに行く時、お見舞い金を持参する事が必要になります。
じつはその時包む金額には一般的な相場があります。
私たちは、病気を患い闘病している相手方を思う気持ちをお見舞い金で表わすのですが、その関係によって相場があります。
お見舞い金の相場で特に知られておらず、わかりづらい関係であるのは部下の家族等です。
家族や友人ほど近しい間柄ではなく、しかし無関係ではない部下の家族などの間柄です。
部下の家族に限らず、一般的にわかりにくい関係も含めて説明します。
具体的な相手方の例と金額をお教えします。
一般的な金額の相場は高い順から、家族が一万円、友人等が五千円、その他の相手が三千円となっています。
そして部下の家族等はこの相場の中で、その他の相手に当たるので三千円くらいが妥当であると言えます。
地域や特別な例を除いて、これらの金額を下回ったり、上回ると失礼にあたったり、相手方に戸惑いを与える事になるので気をつけましょう。

スポンサーリンク

それでは、それぞれの関係と金額の相場がなぜこのようになっているのかを説明します。
まず家族や親族などの一万円ですが、やはり関係が近しい事と、これ以上の金額は持参する側受け取る側の双方にとって負担にあたらない範囲での額として考えると妥当な金額だからです。
次に友人等の五千円ですがお互いの関係に影響を与え過ぎない額としての一般的な額になります。
最後に部下の家族などその他の関係は三千円となりますが、こちらも相手方との距離感で多少の上下はあるもののこれくらいが妥当のようです。
部下の家族に限らず、友人の家族など他人ではないものの無関係ではない相手はこれくらいのお見舞い金を包む事を覚えておくとよいでしょう。
お見舞いする時の注意点としては突然お見舞いに行かない事や、上司など目上に当たる方にはお金ではなく相手方を思い遣った品を贈ると失礼がない事、いくら親しい間柄でも大人数で病室に押し掛けない事などが挙げられます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加