友人の夫 お見舞い 金額 相場

友人の夫へのお見舞い、金額の相場はどのくらい

スポンサーリンク

 友人の夫が入院した、と聞くとお見舞い金をいくら包んだらよいか、或いはお見舞い金を贈らなければ、礼儀に反するものか、と考えてしまうことがあります。
特に友人との関係がそれほど深くない場合、金銭を送るべきなのかと疑問を持ってしまうことも、少なからずあります。
友人の夫を含む知人、友人の入院や病気治療に当たって、送るお見舞いの金額相場は、マナーブック等で確認できます。
一般的に3000円から5000円ですが、もらう側と送る側、いずれの当事者とも年齢が若い場合には、役立ちそうな雑貨や、相手が希望するものを、お金の代わりに送るケースも良しとされています。
金額相場の範囲内でも、もらった側の状況によって、お返しを負担に感じる場合があります。
送る側としては、無用なプレッシャーにならないよう、早く治って元気になってほしい、という気持ちが伝わるように配慮したいものです。
当事者双方にとって分不相応な高額を包んだり、高級な物品を送ることは避けましょう。

スポンサーリンク

友人の夫と直接面識があり、頻繁に行き来がある等親しくしている場合や、仕事上重要な繋がりがある場合には、当事者双方の経済状況を鑑み、金額相場範囲を超えるお見舞い金を包むケースもあります。
なので、あくまでも、金額相場は目安、と認識する方がよいです。
4、6、9は避ける数字なので、3000円か5000円のいずれかの額を、事情や人間関係の距離間に応じて、お見舞い金とする、ということになります。
友人の夫が入院した、病気治療中だと知り、お見舞い金を包む場合、「お返しは不要」という気持ちを伝えるお手紙を添えると、相手が快気祝いの気を遣わずに済みます。
友人の夫だけでなく、親族や上司でも、病気を治療する方にとっては、何よりもプレッシャーにならないよう「早く元気になってください。
」という気持ちを伝えたいものです。
もらう側との関係に応じ、一般的なお見舞い金の金額相場が周知される理由は、そうした双方の気遣いを軽減する意味もあります。
友人の夫へいくら包んだらよいか、困ったら金額相場の中で分相応な額を包み、心づかいの手紙を添えたいものです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加