義父 義母 入院お見舞い 金額相場

義父、義母への入院お見舞い金額相場

スポンサーリンク

個人として支払う状況で、しかし予備知識がなく、とにかく急ぎ入院お見舞い金を用意するケースでは、5000円が無難とされています。
3000円は目下の知人、友人に対する場合や、仕事に関わり複数名で用意する場合の個人負担の金額相場なので、自分の名前のみで入院お見舞いを用意するのであれば、やはり5000円を包むのが無難です。
相手との関係に応じて、入院お見舞いの金額相場がある、という事実は、常識のように一般に浸透しています。
大まかな相場で、世情で頻繁に変動するものではない為、把握しておくと何かと役立つ知識といえます。
義父、義母、実両親、祖父母、孫等尊属に対しては5000円から10000円、やや遠い親戚に対しても5000円から10000円、が入院お見舞いの金額相場です。
義父、義母への入院お見舞いは、お嫁さんの立場ならば金額を高くしなければならないか、というと決してそうではありません。
義父、義母及び実両親に対し、既婚者の場合は夫婦として支払う為、生活事情に合った金額で構いません。

スポンサーリンク

義父、義母だけでなく、義理の親戚等も同様です。
血縁関係における近さ遠さに加え、普段のお付き合いの深さで、金額相場から夫婦で決めることが大切です。
4、6、9は、入院お見舞い金にタブーの数字です。
友人や知人、ご近所の方に対する金額相場は3000円から5000円ですので、3000円が相応しい、と思える関係や、複数名で拠出するケースを除き、必然的に5000円となります。
入院見舞金の金額相場は、あくまでも目安です。
義父、義母に対し、夫婦で支払う場合もあれば、夫と妻で別に用意することも、そのご家族の考えで認められることです。
相手が尊属、親族でなくても、普段とてもお世話になっている、と思えば10000円を超える金額を包むこともあります。
義父、義母へのお見舞いを特別に感じ、気負ってしまうことよりも、常識的な金額相場に則し夫婦で支払い、退院後の生活や入院中のお世話、という人手や、家族親族の思いやりが必要な場面で、協力する気持ちを示すことが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加