お見舞い 金額 書き方 一万円

お見舞い金額が一万円の書き方

スポンサーリンク

 お見舞いに行くときには、手ぶらで行くと言うことはあまりありません。
日本にはいくつかのマナーがありますが、その中でお見舞いのお金を用意すると言うことが多くなっています。
一般的にお見舞いの際にお金を用意するのは親戚だけというように考えられていますが、最近では親戚だけではなく会社の上司や友人などにも、お見舞いのお金を用意することが行われています。
このときに気になるのが封筒の書き方や一万円というような金額の書き方ということになります。
お見舞いの金額を用意するときには、それを包む封筒が必要になります。
この封筒に関しては、封筒の右上に熨斗がつけられている袋を使うことが多くなっていますが、病気やケガで入院をしているというような場合には、熨斗がついていないものを用意します。
この点をしっかりと覚えておくようにします。
これはのろいという意味が強くなっているので、熨斗がない封筒を用意するようにします。
またお見舞いの際には金額の相場が気になります。

スポンサーリンク

親戚などの場合には、金額が一万円というのが基本となります。
この時に一万円を用意したときの封筒の選び方が気になります。
一万円という金額を用意するときには、封筒の値段はその1パーセントから2パーセントというものを目安にします。
したがって用意する金額が一万円ということになれば、封筒の金額は100円から200円ということになります。
一万円を用意すると言うことがありますが、このときの封筒の書き方が気になります。
封筒の書き方に関しては、上の部分に御見舞と書き、下の部分に名前を書くようにします。
これが基本的な書き方となります。
文字の大きさですが、お見舞いよりも自分の名前が小さくなるように意識をすることが大切になります。
また中袋の真ん中や、裏側に金額を記入すると言うことになります。
記入するときには注意をしなければいけないことがあります。
それは漢数字を使うと言うことです。
これは意外と忘れがちな部分となっているので、しっかりと書き方を確認しておきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加