お見舞い 金額 書き方 五千円

お見舞いの際の金額相場は五千円、封筒への書き方は「御見舞い金」

スポンサーリンク

入院中の方へのお見舞いの際に何を持参するかというのは案外難しいものです。
手ぶらでは何か落ち着かないし失礼にあたる、かといって病院という場にそぐわないものやマナーに反するようなものを持って行きたくない、そのような不安や心配を感じたことはありませんか。
もちろんお見舞いの本質というのは病床にある方を訪ね、温かく励ましていたわるということです。
しかし、よりお見舞いの気持ちを表したい、手持ち無沙汰な思いをしたくない、あるいは社会人のマナーを示したいと考えられるのであれば、やはり何か手渡すものを持参するのがベターでしょう。
お見舞いに持参するものとして、誰でも真っ先に思い浮かびそうなのは、お花や果物です。
しかし、お花といっても種類や香り等、案外気を遣うものです。
果物についても、入院中の食べ物となると禁止されているものもあるかも知れません。
そこで、確実にお見舞いの気持ちが伝わるもの、マナーに反しないということでお見舞い金を持参することが無難でしょう。

スポンサーリンク

次に迷うのは、包む金額や、お渡しする際に入れる封筒への熨斗の書き方です。
金額については、患者の方が身内なのか友人なのか、会社の同僚や上司、または知り合い程度なのかなど、関係性によって判断すると良いでしょう。
世間の金額の相場としては、大体五千円、多くても一万円くらいまでとなっています。
五千円という金額は、お見舞いのような場合に使用されることを嫌う四や九という数字を含まず、相手に気を遣わせるという程度のものでもないという理由からよく使われるようです。
一般的には、友人や同僚へは五千円、身内や親しい間柄の方には五千円から一万円と多めに包む傾向にあるようですが、個々の状況や場合に応じて決定しましょう。
大抵の場合、五千円を包んでそれが失礼に当たる可能性は低いと考えて良いでしょう。
次に、お金を包む封筒への書き方については、「御見舞い金」とするのが通常です。
「祈御全快」、「御伺い」のような書き方もあります。
特段書き方にこだわる必要はありませんが、「五千円」というような中身の金額の記載は必要ありませんので注意しましょう。
最も大切なのはお見舞い金の金額や封筒への書き方ではなく、見舞うという気持ちです。
しかし金額を五千円にするか一万円にするかに大いに迷ったり、特別な熨斗の書き方にしたいといった場合は、身内や同僚といった周りのひとに相談するのも一手でしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加