お見舞い 金額 書き方 三千円

お見舞いと金額の書き方と渡す相場の最低三千円からの考え

スポンサーリンク

お見舞いとは、あまり良い事が有ったわけではないので、祝う為の様式は絶対使用しない様に心がけることが、最低条件になります。
お見舞い金を渡す時は、一番簡単な方法としては、コンビニに売っている既にお見舞いと記載してある封筒を使用すると良いです。
金額については、書き方は、中袋入りのタイプは、中袋の表紙に漢数字で、記載してお渡しする事はベストです。
又金額の選定としては、病院の入院と言うケースは、親族で一万円以上友人知人で五千円以上、職場関係では三千円〜五千円程度になります。
災害お見舞いの場合は、親族で一万円以上の三万円未満、友人知人で五千円以上で一万円未満、職場関係で同じく五千円以上、1万円未満が相場となっています。
しかし、地域によって違いがあり、友人知人でも三千円と言うケースもあり、一概には言えない事も知っておく必要があります。
金額の書き方についても地域によっては異なる事があるので、事前に調査して対応する事です。

スポンサーリンク

お見舞いには、入院ケースと災害ケースがあり、災害の場合の金額は入院の事に比較して金額は多少高めとなります。
金額は身内から知人友人、職場の関係で異なってきますが、一般的には自分から近くないケースは三千円が一般的な価格で三千円以上のケースになるのは、親戚及び親族に近いケースとなります。
封筒でわたす事が通常で、金額の書き方としては、漢数字で記入します。
しかし、書き方の1つとしては、書かないケースもありますが、書き方の基本として記入する事で貰った相手が、お見舞い返しをする時に価格が書いてあると、助かる事がありますので、お見舞い時の書き方は予め確認する事が必要になります。
三千円が一般的な価格ですが、知人が病院へ入院した時の状態で異なるケースもあり、三千円が五千円以上になる事もありますが、三千円を下回る事はあまりない事は言えます。
絶対にお見舞金を渡す必要もなく、顔を見せるケースとか花束をお送りする方法で対応する事も出来るので、良く状況を確認した上で、対応する事が必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加