お見舞い 金額 書き方 連名

お見舞いの金額の書き方と連名

スポンサーリンク

 兄弟や親戚などが入院をすることがあります。
 この場合お見舞いを渡すと言うことが行われていますが、この時には品物ではなくお金を用意すると言うこともあります。
 お金を用意するときには袋も用意しなければいけません。
病気やケガの際には、この先再びこのような病気やケガをしないために、結び切りの袋を用意するというのが基本です。
袋に関しては、コンビニエンスストアや文具店で購入をすることができます。
表にはお見舞いと大きく記入するようになっていますが、下の方には自分の名前をはっきりとわかりやすく記入するようにします。
ここで気になるのが、お見舞いの金額を用意するときに、1人ではなく連名になったというような場合です。
お見舞いの際に連名と言うことになれば、袋の書き方も異なってきます。
したがってこの際のお見舞いの袋の書き方や金額に関して、しっかりと知識を頭に入れておくようにします。
複数の人がいる場合にはそれに合わせた書き方が必要になります。

スポンサーリンク

夫婦や友人同士でお見舞いに行くと言うことがありますが、この場合は連名と言うことになります。
連名の際の袋の書き方は次のようになっています。
袋に向かって右から、年齢が上の人という順に名前を書いていきます。
夫婦でお見舞いをするということがありますが、この場合は夫の名前をフルネームで中央部分に書くという書き方となっています。
そして左側には妻の名前だけを書くようにします。
夫の名前の位置に名前を揃えるというのが書き方の基本です。
連名に関しては3名までが基本です。
それ以上になる場合には、代表者の名前を記入するようにします。
連名になる場合には、他の人の名前は中包みに書くようにします。
金額に関しては、中に入っている金額を記入するようにします。
金額は誰がどれだけ用意したというように細かいことは記入しないようになっています。
したがって金額に関しては、外の袋の裏側に直接書くようにします。
表と同じように丁寧に書くように心がけます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加