お見舞い 封筒 金額の書き方

入院時のお見舞いを持っていく際に封筒への金額の書き方

スポンサーリンク

 家族や親戚や友人や上司などが入院した時にお見舞いに行く際は、最新の注意を持って足を運ばなければなりません。
それはお見舞いに行く対象の患者さんに対してはもちろんの事、そのご家族同じ部屋に入院されている人や働いている医師や看護師に対しても失礼の無い様に最低限のマナーを知って訪れるべきだと考えます。
お見舞いに訪れる際は入院されている患者さんの病状にもよりますが、患者さんが面会できる病状や気持ちである事も大変重要であります。
また絶食や食事制限などがある場合もあるので、お見舞いの品などにも気を配る必要があります。
入院患者として最も迷惑にならないのが現金や商品券になると考えられます。
持っていく方も封筒と現金や商品券を用意するだけなので急に病院を訪れる事になっても用意しやすいと思います。
知識として必要なのが封筒の選び方と金額の書き方になってきます。
選び方も通常の封筒ではなくのし袋を用意する必要があります。

スポンサーリンク

まず封筒を用意する際、病気や怪我などで入院されているのか出産で入院されているのかで種類が変わってきます。
出産はおめでたい事なので紅白の蝶結びになっている封筒を選びます。
その他の場合は紅白の結びきり、もしくはお見舞いの文字のみの封筒になります。
また金額の書き方は中袋に書く欄がある場合はそちらに書き、中袋が無い場合は封筒の裏側に記入します。
封筒は縦書きになっていますので、金額の書き方も縦書きになります。
この縦書きの袋の金額の書き方には特徴があって、出来るだけ漢数字で描くのが好ましいと言われています。
10000円は壱萬円などと普段は少し見慣れない書き方かもしれませんが、金額の書き方をきちんとする事はマナーとして大切になってきます。
入院されている方は気持ちが滅入っている場合も多いと思いますので、のし袋の選び方や金額の書き方にも気を配ってマナーを大切にして、出来るだけお見舞いの際も負担にならない様な形をとる必要があると思います。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加