お見舞い 袋 金額の書き方

お見舞いの袋と金額の書き方

スポンサーリンク

 お見舞いなどでのし袋を用意すると言うことがあります。
このような場合お金を用意することもありますが、このときに気になるのがその袋の書き方ということになります。
また正しい書き方だけではなく、選び方も大切になってくるので、しっかりと知識を頭に入れておくようにします。
冠婚葬祭などで使うことが多い袋となっていますが、お見舞いの際にも使うことがあります。
この中にお金を入れて相手に渡すと言うことがありますが、袋を用意するときには注意をしなければいけないことがあります。
ケガや病気で入院をしているというような人のお見舞いの際には、熨斗がついていないものを用意しなければいけません。
それは熨斗が呪いという響きと似ているからです。
したがってこの点には十分に注意が必要となります。
兄弟や親戚や友人や同僚などが病気やケガで入院をしたときには、お見舞いの品物の代わりにお金を渡すと言うことがあります。
このときに気になるのが金額の書き方になります。

スポンサーリンク

このような袋に関しては、普段あまり書くことがないというのが事実です。
したがって実際にお見舞いに行くときには金額の書き方がわからないという人も決して少なくありません。
袋に関しては、この先同じようなことが起こらないように結び切りのものを用意するようにします。
表書きの書き方に関しては、筆ペンや少し太いペンを使うようにします。
ボールペンや万年筆で書くのは避けるようにします。
袋の表書きの上段に関しては、病気やケガの際にはお見舞いと書くようにします。
表書きの下段の書き方は、上段よりも少し小さめに名前を書くようにします。
金額の書き方は、中袋がある場合は金額をかく欄に記入をします。
これがない場合の金額の書き方に関しては、外の裏側に直接記入をします。
金額の書き方に関しては、表から見えないところであっても、丁寧に書くようにします。
これが正しい金額の書き方ということになります。
金額には相場もあるので、それをしっかりと確認しておくようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加