お見舞い 書き方 お金の入れ方

お見舞いの書き方とお金の入れ方

スポンサーリンク

友人や会社関係の人が病気やケガで入院をしているというようなことがあります。
このようなときにお見舞いを渡すことがあります。
入院お見舞金を用意すると言うことがありますが、このようなお見舞いに関して封筒の書き方や、お金の入れ方などのマナーがあります。
マナー違反にならないように、しっかりと準備をしておくことが必要になります。
お見舞いに関して封筒の書き方やお金の入れ方などが気になりますが、お札については次のようになっています。
お見舞いの際のお金の入れ方に関しては、新札かそれに近いものを用意するようにします。
ここで注意をしなければいけないことがあります。
折り目がついていたりシミがあるというようなお札は避けるようにします。
お見舞いのお金の入れ方できになるのは金額となります。
金額の相場がありますが、ここでは相手との関係をしっかりと考える必要があります。
金額が多すぎても少なすぎてもいけません。
わからないという場合は詳しい人に確認をするようにします。

スポンサーリンク

お見舞いの際のお金の入れ方に関しては、お札の向きが気になります。
お札の向きに関しては、はっきりと決まっていると言うことではありません。
しかしお金の入れ方としては、お札の肖像がある方を表向きにして、肖像がしたになるように入れるというのが一番よいと考えられています。
また封筒の書き方も気になります。
封筒の書き方に関しては、日本の冠婚葬祭で使われる袋にはたくさんの種類がありますが、お見舞いの場合にはこのようなことが二度と発生しないように、紅白の結び切りが使われるようになっています。
ここで注意をしなければいけないのは、二重封筒を避けるようにします。
書き方としては、表側にお見舞いと自分の名前をはっきりとわかるように記入します。
これが基本的な書き方となっています。
お札に関しては、必ずしも新札でなければいけないと言うことはありませんが、極端にしわしわのものは避けるようにします。
普段使っているようなお札でも問題はありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加