手術 お見舞い 金額 友人

友人などの手術のお見舞いのマナーと金額

スポンサーリンク

 手術などのお見舞いについては、ただ単に差し入れを持参して病気の人や傷病者のもとに行くと十分だというものとは言えません。
ですから、注意することが必要になります。
義理によって友人や上役などの手術などのお見舞いに出かける方は多く見られますが、友人などに対して礼儀作法を順守した上でお見舞いをおこなわなければ、むしろ友人に対しまして義理を欠くことになります。
実際的に金額も含めてどういうふうに友人に対してお見舞いを行なうのがよろしいかというと、まず第一に手術などの入院においてタイミングを選択することが必要です。
友人などが、手術などで闘病生活をスタートした直ぐ後は、コンディションがすぐれないケースや気持ちが平常心にない場合が少なくありません。
そういうふうな状態でお見舞いに通えば、友人などの手術後のコンディションが異常を来たしてしまいかねません。
従って手術して療養を開始した数日した後、可能なら1週間ぐらい経ってから行くのが賢明だといえます。

スポンサーリンク

面会時間については、15分くらいにしておくことにします。
それよりも少ないと誠心誠意が行き届きませんし、30分オーバーで長居すると、相手方を疲弊させてしまうこともあると聞きます。
加えて、そうした場合に差し出すお見舞金の金額につきましては、5千円位の金額が相場となっています。
懇意にしている人や上役の場合だとしても、病気見舞い金の金額の相場で1万円が上限の金額といえます。
これ以上の金額は、相手方にお返しという負荷がもたらします。
それから、新札に関しましては回避しなければなりません。
お祝い金でしたら新札で渡すのが礼儀作法ですが、お見舞いにつきましてはめでたい新札によって手渡すのは無礼といえます。
必然的に新札しかない場合、折り目を入れて渡せば賢明だといえます。
あらためていうまでもなく現金でなく、その金額の限度内での贈り物でも構いません。
縁起のよろしくない品や、闘病生活中に口にできない食べ物などを選択しないように、留意することが重要になります。
礼儀作法を順守したお見舞いは、相手方も喜びますし、回復してからの対人関係を素晴らしいものにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加