手術 お見舞い 金額 兄弟

兄弟間での手術のお見舞いの金額について

スポンサーリンク

手術はいろいろな病気に対して行われます。
一生涯で手術を受けずに過ごせる人というのは少ないのではないでしょうか。
家族が手術をすることになると、こころとからだの準備が必要です。
必要な用具や洋服をそろえたりするだけでなく、精神的にたえられる心の準備が必要になってきます。
さて、手術をすることになれば兄弟のいる方は手術後お見舞いにこられることと思います。
兄弟なので知らん顔はできません。
お見舞いにくるとなると兄弟でもいろいろ気を使います。
手ぶらで来るわけにはいきませんのでお見舞いを持参してきます。
果物だったり雑誌だったり雑貨だったりすることもありますが、兄弟としてくるときはやはり現金を持参することも多いのではないでしょうか。
現金をお見舞いに持参する場合は、やはり金額が気になります。
お見舞いにいくときは失礼にならないよう、また相手に負担にならないように金額に気を配る必要があるといえます。
お見舞い金額の相場は1万円以内といわれています。
しかし親、兄弟やとても親しくしている親せきには3万円ということもあります。

スポンサーリンク

兄弟関係はその家々での決まりごとがあったりしますのでそこは臨機応変に対応しましょう。
一般的な相場として金額は兄弟が1万円です。
親が1万円から3万円です。
親が手術する場合の相場も同じぐらいです。
中には5千円という方もいます。
金額は悩みますが金額だけではなく、心も同じぐらい大事ですのでお見舞いに行くという行為自体で喜んでいただけるでしょう。
なお、お見舞いの相場内であっても敬遠される額は「4」「6」「9」の数字がつく金額です。
これらは4は死、6は無、9は苦を連想させるものとしてふさわしくありませんので注意が必要です。
個人で用意する場合にはこういった数字になることはないのですが、連名で渡す場合に見落としがちになります。
たとえば3人で3000円ずつ出すと9000円になってしまいます。
このような場合は1000円を足して1万円にするとよいでしょう。
また袋は祝儀袋をつかいます。
左側に赤線の入った専用の袋がよいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加