入院 お見舞い お返し 金額

入院お見舞いのお返しの金額について

スポンサーリンク

 入院のお見舞いのお返しのことを、快気祝い、快気内祝いなどといいます。
入院のお見舞いのお返しは、退院や床上げから10日以内に贈るのがマナーとされていますが、無理をしないように体調が回復してからでもかまいません。
遅くとも退院・床上げ後1か月以内にはお返しするようにしましょう。
 快気祝いの金額については、一般的にはいただいた金額の3分の1〜2分の1の金額とされています。
入院のお見舞いを現金ではなく品物でいただいた場合には、品物を現金に換算してお返しの金額を決めるようにします。
金額のわからないものに関しては、堅苦しく考えずおおよその金額でかまいません。
 ごく親しい人への入院お見舞いのお返しは商品券でもかまいませんが、一般的にお返しを商品券で贈るのは失礼にあたるとされています。
最近では、商品券やカタログギフトなどで快気祝いをされる方も多いのですが、お返しの金額が相手にはっきりとわかってしまいますし、できるだけ避けるようにしましょう。

スポンサーリンク

 入院のお見舞い返しとなる快気祝いの品物については、後に残らないものや水に流すものが良いとされています。
「病気が後に残らない」という縁起を担いでいるためです。
具体的には、クッキーやおせんべいなどの菓子詰め合わせ、コーヒーやお茶などの飲み物、食用油や調味料のセット、洗濯洗剤や食器用洗剤、入浴剤や消耗品であるタオルなどが挙げられます。
 会社から入院のお見舞いをいただいた場合のお返しについては、会社の慶弔金から出ている場合には快気祝いは不要となります。
個人的にではなく部署や課の有志一同から連名でいただいた場合には、一人分ずつ個別包装された焼き菓子などの詰め合わせや、社内で飲めるコーヒーなどの飲み物をおすすめします。
お菓子を選ばれる際には、なるべく日持ちするものを選ぶようにしましょう。
 上司から個別にお見舞いをいただいた場合には、個別に快気祝を贈るようにします。
その際にも、失礼にあたりますので商品券で贈るのは避けるようにします。
ちなみに、上司が入院した場合のお見舞いに関しても、目上の方に現金を贈るのは失礼にあたりますので、品物で贈るようにするのがマナーとなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加