入院 お見舞い 金額 相場 会社

会社関係の方が入院された時のお見舞い金額の相場

スポンサーリンク

 入院された方へのお見舞いに現金を包む場合には、一般的な相場感がポイントとなります。
通常、贈られた側は、退院や床上げした際にお見舞いのお返しとなる「快気祝い」を用意します。
そして、快気祝いの金額は、入院お見舞いとしてもらった金額の2分の1〜3分の1が相場となっています。
ゆえに、入院お見舞いの金額が多すぎても少なすぎても、相手に気を使わせてしまうことになるからです。
 入院お見舞い金の相場については、3千円〜1万円が包む金額の相場であり、会社関係の上司や同僚、部下についても相場は変わりません。
また、入院お見舞いには、4は「死」、6は「無」、9は「苦」に通ずることから、縁起を担いでこれらの数字は避けるというのがマナーとなります。
ゆえに、お見舞金の相場は、3千円、5千円、1万円のいずれかとなります。
その中から入院された方との関係性や普段のお付き合いの深さによって、いずれかの金額を決めるようになります。

スポンサーリンク

 会社関係の方が入院された場合、同じ部署や課の有志一同でお見舞い金を贈る場合には、1人あたり2千円〜3千円程度が金額の相場となります。
会社内で複数名の連名で現金を贈る場合には、のし袋の表面下側には代表者の名前だけを中央に書くようにし、その左側に有志一同や同僚一同、〇〇課一同などと書くようにします。
そして、中袋にそれぞれの名前をフルネームで記入します。
中袋がないのし袋の場合には、白い紙に全員の名前を書いて同封するようにします。
 会社の上司が入院した場合には、現金を贈るというのは失礼にあたりマナー違反となります。
会社の上司には、お見舞金の金額相当分の品物を贈るようにしましょう。
会社の後輩のお見舞金については、立場が上になるだけに少なすぎても格好がつかないと考える人が多く、5千円包むケースが多くなっています。
上司に対しては、同僚と差をつけるために高額なお見舞いをされる方も存在しているのですが、常識的な金額を念頭に置いておきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加