お見舞い 金額 相場 親戚

お見舞い金額の相場について 親兄弟や親戚で相場は違う

スポンサーリンク

 知人や親戚など親しい間柄の人が病気やケガで入院した場合、病院を訪問して励ましてあげたいものです。
その際に手ぶらで行くわけにはいきません。
お見舞い金や品物などを持って行くのがマナーです。
ここでは金額の相場やお見舞金の包み方などを紹介します。
まず、金額はいくらくらい包んだらいいのでしょうか。
基本的に金額は1万円が相場だと言われています。
しかし、親兄弟・親戚・親しい友人などは3万円ということもあります。
特に親戚関係では、他の親戚と相談して金額を合わせる場合が多いようです。
下記が一般に言われている相場です。
・親 1万円から3万円・兄弟 1万円・親戚 1万円・友人 5,000円・職場関係やご近所さん・・・3,000円から5,000円一般的にお見舞いを受け取ると3分の1から半分の額でお返しをするのが相場ですので、相手の負担にならないように、この金額が相場となったようです。
いくら親しいからと言って高額を渡すとかえって相手の負担になるので注意しましょう。

スポンサーリンク

お見舞い金を包む際に気を付けたいことがあります。
相場の範囲内であっても縁起の悪い数字は避けましょう。
「4=死」「6=無」「9=苦」を連想させますのでお見舞金としてふさわしくありません。
個人で包む場合は「4」「6」「9」といった中途半端な数字にはならないのですが、職場関係やご近所さんなど連名で包む場合は注意が必要です。
1人3,000円ずつで3人で包んだら9,000円になってしまいます。
この時はあと1,000円足して1万円にするなど工夫しましょう。
お見舞い金を包むときは祝儀袋を使います。
左側に赤い線が入ったお見舞い用の袋を使うのが一般的です。
間違っても不祝儀袋を使ってはいけません。
水引は「結び切り」か「あわじ結び」を使います。
これらには「二度と同じことが起こらないように」といった意味が込められています。
「蝶結び」は何度あっても良い結婚祝いや新築祝いに使うもので、お見舞いにはふさわしくありません。
表書きは「御見舞い」「祈御回復」などと書きます。
包むお札は新札でなくても構いません。
よほどシワシワになっていたり、折れ曲がっていたりしなければ、普段使いのお札で大丈夫です。
お見舞いの金額の相場やマナーなどは意外と知らないものです。

わからない時や親や親戚に聞くなどしてマナーを心得ておきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加