入院におけるお見舞いのマナー・礼儀

お見舞いの言葉のマナー・がんばれ!はNG記事一覧

 長い人生あなたの周りにも不幸にも入院される方はいると思います。御家族ならある程度気を使う必要はないのかもしれません。 しかし御友人、御親戚、仕事上の上司、同僚及び仕事上でお付き合いのある人が病気や怪我で入院することだってあるかもしれません。 そんなときは相手をいたわる気持ちを上手に言葉にのせて伝えたいところですが、病気をした人にかける言葉にマナーはあるのでしょうか? 今回はそのあたりのお話を説明...

 病気をした人にかける言葉のマナーの続きです。その1はこちらです→お見舞いの言葉のマナー その1・手土産の週刊誌・文庫本・漫画等を渡すときのフレーズ お見舞いの品で雑誌やマンガなどを持参したときに使う言葉です。療養中は退屈ですので、暇つぶしアイテムはとても喜ばれます。「これは気晴らしにどうかと思いお持ちしました。」・仕事関係の人に対して使うフレーズ「休んでいる場合じゃない」と本人は思っているかもし...

 病気をした人にかける言葉のマナーの続きです。その1はこちらです→お見舞いの言葉のマナー その1 その2はこちらです→お見舞いの言葉のマナー その2・いたわりの定番フレーズ 「用心するに越したことはありません。どうぞお大事になさってください。」 療養してた人にしばらくぶりに会ったら、「その後の経過はいかがでしょうか?」「その後、お体の具合はいかがですか?」と尋ねることはその2で書きましたが、この質...

今回は、お見舞いをおこなう際に病院に入院をしているご友人やご家族、仕事場の上司や同僚などに対して、「がんばれ」という言葉をかけることについて、説明したいと思います。その前に、上司や恩師などいつもお世話になっている方のご家族に対してお見舞いが必要になった場合は、病院に行って直接お見舞いをおこなうのではく、お手紙にギフト券などを添えて御見舞品として送る方法が一番望ましい方法だと言えるでしょう。直接病院...