入院におけるお見舞いのマナー・礼儀

入院お見舞い金相場について

スポンサーリンク

入院された方へのお見舞い金には、激励の気持ちが前提にあることを忘れてはいけません。金額よりも気持ちが大切であるともいえますが、やはりお金を包むからには失礼のない金額を包まなければなりません。しかし、実際のところ「自宅のお見舞いの相場」「入院お見舞金の相場?」はどのくらいかわかりにくいです。地域や周囲の人間関係によってその相場は微妙に異なることがあるので、失礼のない金額を推し量るのは大変重要です。ここでは入院お見舞い金相場から見る失敗しないお見舞金の包み方についてお話します。
まず、一般的な入院お見舞い金相場(病気見舞い金額)ですが、親兄弟・祖父母孫などは御見舞金相場一万円以上、それ以外の親戚がお見舞い金額の相場は一万円程度、親しい友人・知人で入院お見舞い金額相場は五千円、会社・仕事関係でお見舞金相場は三千円というのが一般的な入院お見舞い金相場です。

スポンサーリンク

しかし、続柄だけでは付き合いの程度が決められませんので、あまりよく知らない親戚などのお見舞い金金額相場はいくらのお見舞金が妥当なのかは、なかなかわかりにくいです。
そのような場合のトラブルになることを防止するコツとしては、周囲の御見舞い金額と合わせるということです。すでにお見舞いを終えた親戚などに包んだ金額を聞きます。聞くことによって、周囲の入院見舞い金相場を調べ、それを参考にすることで、とんでもなく高い金額や逆に低すぎる金額を包んでしまう心配をなくすことができ、入院見舞金相場どおりの金額を包むことができます。
一般的に言われているマナー本書いてある金額は、あくまで一般論であり、必ずしもあなたの周囲の病気お見舞い金相場と同じでない場合もあるかもしれません。地域性や様々な関係性や事情によって、お見舞金として失礼がない金額には違いが出てきますので、見舞う気持ちを第一に、そして周囲と足並みをそろえた金額を病気見舞金として包むことが、お見舞い金で失敗をしないコツです。
 適切なお見舞い金の相場を把握して、適切な病気見舞いの金額を包んで、気持ちよくお見舞したいものです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加