入院におけるお見舞いのマナー・礼儀

入院お見舞いで「がんばれ」の言葉はNG〜マナー違反〜

スポンサーリンク

今回は、お見舞いをおこなう際に病院に入院をしているご友人やご家族、仕事場の上司や同僚などに対して、「がんばれ」という言葉をかけることについて、説明したいと思います。
その前に、上司や恩師などいつもお世話になっている方のご家族に対してお見舞いが必要になった場合は、病院に行って直接お見舞いをおこなうのではく、お手紙にギフト券などを添えて御見舞品として送る方法が一番望ましい方法だと言えるでしょう。
直接病院に行っても、普段面識のない場合は患者さんに気を遣わせてしまうので、やはりこのお手紙を使ったお見舞い方法がもっともこのケースでは適しているといえます。
まず、御見舞金の渡し方ですが、これは直接お見舞いの際に入院をしているご友人やご家族、会社の同僚に渡してしまっても構いません。

スポンサーリンク

入院お見舞いに行ったときで、病気と闘っている御家族、御友人、上司、同僚等を見たときに思わず、「がんばってください!」といいたくなる気持ちはわかります。けれど、「がんばって!」というのは少し待ってください!入院御見舞いでは「がんばれ!」という言葉はマナー違反となっているのです。
また、お手紙でお見舞いをするときにも同様で、御見舞いの際に添えるお手紙には「がんばれ」といったような安易な励ましの言葉は極力避けたほうがいいでしょう。
その理由としては、その言葉をプレッシャーに感じてしまう患者さんも患者さんの中にはおられるため、安易な励ましの言葉は御見舞いの際にはあまり良くないとされています。
相手を思い遣ることが、ここでは大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加