入院におけるお見舞いのマナー・礼儀

入院お見舞い品いろいろ

スポンサーリンク

 入院お見舞いの一般的なマナーや入院お見舞い金のマナーについて、別のカテゴリーで説明してきました。
 このカテゴリーでは、入院お見舞い品について、いろいろ書いていきたいと思います。
 目上の方相手の入院お見舞い品であれば、現金を入院御見舞い品として持っていくことは失礼とされています。
 そのようになったときに、入院お見舞品としてどのようなものをもっていったらいいのか疑問に思うと思います。
 このカテゴリーでは、喜ばれる入院御見舞品やおすすめの入院お見舞い品についても書いていきます。
 また、最近では、図書カードやギフト券やクオカードを入院お見舞い品として持っていく流れもあるようですので、その辺りの流れも書いていきます。

スポンサーリンク

 さらに、昔ながらのふりかけや瓶ものを入院お見舞い品として、持っていくことについても書いています。

 

 「入院お見舞い品を持っていく回数は何回持っていったらいいのだろう?」と疑問を持ったことのある方もいると思います。そのようなケースについても触れています。
 後は、女性特有の入院お見舞い品について、男性の方であれば悩んだことはあると思いますが、その点についても書いています。
 最後に、意外と忘れがちになるのが、入院している患者さんだけではなく、入院している患者さんの御家族へのことも考えた入院お見舞い品についても、言及しています。
 このカテゴリーの記事が入院お見舞い品を選ぶのにお役にたてれば、嬉しいです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

喜ばれるおすすめの入院お見舞い品のマナー(図書カード・ギフト券・クオカード・若い女性)記事一覧

お見舞いの品物は、相手の病状に合わせて十分に配慮が必要です。金額の目安は3千円から1万円程度です。付き合いの程度や入院の長短などを考慮して選びましょう。一般的なお見舞い品は以下のとおりです。お見舞いに喜ばれる物はこの中から患者さんに合わして選びましょう。花:これは入院の定番ですよね。生花のときは花瓶をつけると喜ばれます。果物:事前に食事制限がないかどうかを確認して、保存の効くものにしましょう。お菓...

入院お見舞い品といってもいろいろ考えられますよね。ベーシックなものはこのサイトでも、他のサイトでもいろいろな品物がマナーとともに書かれています。ここでは、基本的な入院お見舞品ではなくて、ちょっと珍しいもらったら嬉しくなるような入院御見舞い品をあげていきたいと思います。まずは、スネークピローという商品です。入院しているとTVをみたり、本を読んだり、何かと横向きによこたわる機会が増えていきます。眼鏡を...

「お見舞いに何を持っていたらいいのか?」一度は悩んだことがある方は結構いると思います。病院に入院をすると、仕事が出来ずに収入が途絶えてしまうのと同時に、入院費や必要最低限の生活費だけでもかなり痛い出費となってしまいますので、やはり金銭的な援助は大いに必要だと思われます。もちろん、果物やお花でもお見舞いに持っていくことは良くないということではありません。でも、今回は図書カードのお話をしたいと思います...

 お見舞品には現金が一番喜ばれる!っていうのが定説のように思えます。ところが、お見舞い品に現金を送れないシチュエーションが存在します。それは、上司などの相手が自分より目上の人の場合です。この場合に御見舞品として、現金を贈ることは「入院費の援助(「施し」といった方がニュアンスは伝わるかな?)」ということを意味するようになってしまいますので、ギフト券・ギフトカード・商品券にしないとマズイことがあるんで...

 前回の記事でギフト券のことを書きましたが、その中でクオカードについて少しふれました。今回はそのクオカードについてもう少し書いてみたいと思います。 お見舞品には現金が一番喜ばれる!っていうのが定説のように思えます。ところが、お見舞い品に現金を送れないシチュエーションが存在します。それは、上司などの相手が自分より目上の人の場合です。この場合に御見舞品として、現金を贈ることは「入院費の援助(「施し」と...

 今日は私が友人や知人と病院に入院した時のお見舞いの話をしていて、もらってうれしかった品物として、「ふりかけ」という話が出てきたので、そのことについて、書きたいと思います。 病院食は結構味気ないものなので、毎日の食事をしっかり楽しんで食べてもらって、栄養をつけてもらうという意味で、「ふりかけ」のお土産は実は意外と重宝されるものなのです。もちろん、食事制限がない場合の御見舞い品としての話になります。...

 お見舞い品は、本人にあてたものに限りません。看病している家族が喜ぶ物を持参しても良いのです。しかし、何を持参すれば御家族に喜ばれるのか分かりにくいです。そこで、ここでは看病している家族が喜ぶ代表的な御見舞い品物を書いていきたいと思います。長期入院の場合、看病している家族の疲労は相当な物ですから、栄養ドリンクやカロリーメイトなど手軽に栄養補給できる物が喜ばれるようです。他にもゼリーや缶ジュース、お...

 若い女性患者さんに喜ばれるお見舞いの品ってなかなか難しいですよね。若い女性患者ということは、まだ入院に慣れていない年齢層になります。もちろん、お見舞いに行くお友達もお見舞いに慣れていない年齢層になります。でも、慣れていない方でも心配はいりません。入院している患者さんに喜ばれるお見舞いの品をいくつかご紹介します。参考にしてください。「現金」や「図書カード」とかそういう誰もが喜ぶようなものについては...

 短期の入院であれば、お見舞いに行くことは1回いくかいかないかだと思います。ところが、家族、友人、職場関係の方等が長期で入院してしまった場合は何回か入院お見舞いに行く機会があるかもしれません。そのときに、入院お見舞い品について、「入院御見舞いに行くたびに用意をしなければいけないのか?」という疑問が出てくると思います。今回はそんな疑問について、説明したいと思います。 インターネットで調べていると、入...